面倒な債務整理の手続きを変わりに代行!無料返済方法相談!

面倒な債務整理の手続きを変わりに代行!無料返済方法相談!



 面倒な債務整理の手続きを変わりに代行!無料返済方法相談!
 債務整理は自分でも出来ますが、自分でやるのは結構面倒だったりうまくいかない場合があります!司法書士に代行して貰って楽々債務整理をすませましょう!無料相談はこちらから!
↓↓↓

債務整理・相談無料!
借金の返済に困ったら!
◇法務事務所アヴァンス
キャッシングローン返済


返済が苦しかったら
任意整理・無料相談!
アヴァンス(女性専用)



任意整理の手続きの簡単な流れ

1:弁護士または、司法書士との面談
借金総額や借入先の件数、それぞれの貸金業者との今までの取引履歴、家計の収支、財産の有る・無しといった事情の詳細など。
2:債務整理方法の決定・受任
面接を元に、債務者の一番適していると思われる債務整理方法を、弁護士や司法書士からアドバイスをもらう。そして債務者が債務整理の手続きを行うことを決定したら、弁護士や司法書士と委任契約を交わし、貸金業者と和解契約を結んで、貸金業者への返済がストップすることになる。
3:貸金業者に受任通知を送付
弁護士および司法書士が代理人となって、債務整理手続きを行いますよという旨の通知を債権者に送付。そして、受任通知の送付と同時に、最初に借り入れをした時からの明細を開示するよう、貸金業者に請求することになります。(開示請求)なお、受任通知が貸金業者のもとに届いた時点で、貸金業者は債務者への催促や取立行為の禁止が決定します。
4:利息制限法に基づく引き直し計算および借金の残高の確定
貸金業者から届いた取引明細をもとに、利息制限法を越えた利息で返済を行っていた場合は、利息制限法により引き直し計算を行います。引き直し計算を行うことによって、法律上、業者に支払うべきである借金の残高が確定。ほとんどの貸金業者は利息制限法の上限金利を無視し、出資法ギリギリの金利で貸付を行っているので、この引き直し計算によって、借金の残額が減ったり、過払い金が発生します。
5:業者との和解交渉
利息制限法で引き直し計算を行った結果、今後、確定した残高をどのように返済していくかということについて、弁護士(司法書士)と貸金業者が話し合いをします。
6:和解契約の締結
今後の返済プランについて話し合いがまとまると、和解契約書を交わします。(任意整理手続きの終了)
7:和解内容の報告
貸金業者と交わした和解契約の内容や今後の返済プランについて、弁護士(司法書士)から説明を受けることになります。
8:返済の開始
和解契約で決めた返済プランを守り、返済を行う。


法務事務所評判情報募集


Copyright(C)
面倒な債務整理の手続きを変わりに代行!無料返済方法相談!
面倒な債務整理の手続きを変わりに代行!無料返済方法相談!
自己破産検索/司法書士・弁護士検索